忍者ブログ

渋谷美容室

渋谷美容室

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

渋谷美容室 ニュー新橋ビルに居酒屋インド料理店「チャンドラマ」-IT企業が開業


ニュー新橋ビル4階(港区新橋2)に居酒屋インド料理店「チャンドラマ」(TEL 03-6268-8339)がオープンして1カ月が過ぎた。経営は、ネット通販などを手掛けるIT企業のイーグルアイ(渋谷区)。(新橋経済新聞)  店舗面積は約7.5坪で、座席は16席。店名の「チャンドラマ」はヒンディー語で「月の神様」を意味する。IT企業がカレー店を開いた理由について、社長の高橋幸司さんは「私がインドのプネ(インド政府がIT開発の中心都市と位置付けた街)に1年住みITを学びながらカレー料理に縁ができた」ことを挙げる。  カレーメニューは、チキンカレー(8種、990円~1,200円)、マトンカレー(4種、1,100円~1,200円)、シーフードカレー(6種、各1,200円)、ベジタブルカレー(6種、990円~1,100円)。カレーは「人間の自然治癒力を高めて心と体の健康を保つアーユルヴェーダの考えに基づいて作っている」と高橋さん。カレーの辛さは5段階から選択。「3段階目の『普通』が一番人気だが、たまに最も辛い5段階目の『大辛』にトライする人もいる」という。調理は、インドと山梨で約5年経験を積んだインド人コックが担当する。  ナンは8種類、ライスは4種類を用意。「プレーンナン」「プレーンライス」(以上380円)のほか、北インド地方の揚げパン「バトゥーラ」、黒ゴマを練りこんだ「ゴマナン」(以上500円)、ジャガイモを練り込んだ「アル クルッチャ」(600円)、インド風まぜご飯「チキンビリヤニ」(1,200円)なども。ナンは専用のタンドール窯を使って焼く。このほか、インド風せんべい「パパド」(300円)、インド風スナック「サモサ」(500円)、「シークカバブ」(1,200円)、「タンドリーチキン」(500円)がある。  ドリンクメニューは40種類。生ビール(550円)、サワー(5種、各400円)、マンゴーラッシー(500円)、マサラチャイ(400円)などのほか、「インドワイン」(フルボトル、赤白各2,500円)、「ネパールビール」「ネパールラム」「キングフィッシャー(インドビール)」「インドウイスキー」(以上600円)も提供する。  ランチタイムには「キーマエッグ」(680円)、「バターチキン」、「ダブル(チキン&豆)」(各880円)など6種類のカレーを準備。150円追加でチーズのトッピングも可能になる。  同店のカレーはネット通販も行っており、「インドカレー真空パックだけで年商5,000万円を達成している」人気商品。今後については「全国展開を予定している」とも。  営業時間は11時30分~15時、17時~22時。
PR

渋谷美容室 ワカパイ”掴んだ若手監督の素性と将来性

ワカパイ”の愛称で人気の井上和香(31)が、映画監督の飯塚健氏(33)と5月に結婚することを発表した。
 飯塚監督がメガホンを取った映画「荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE」(今年2月公開)に井上が出演したことがきっかけで、昨年から交際がスタートした。
 現在、井上が出演中の舞台「FUNNY BUNNY 鳥獣と寂寞の空」の脚本・演出も務める飯塚監督は、小説やエッセーの執筆などでも注目を集める若手クリエーターだ。
 79年、群馬県生まれ。中学生の頃から“映画監督になる”と公言していて、22歳の時に「Summer Nude」(03年公開)で監督デビューした。
「南の島が舞台の群像劇で、自ら製作費を集めるために沖縄中の企業をくまなく回ったそうです。映画青年のまま大きくなった、バイタリティーの塊のような人物。作品は小難しいアート系ではなく、同世代の等身大の若者を描く。万人向けの娯楽作品志向です。タイプとしては『シコふんじゃった。』や『Shall we ダンス?』の周防正行監督のような作風です」(映画批評家・前田有一氏)
 それにしても美女と野獣だ。井上がこれまで浮名を流してきた芸能界の大物やイケメンとは対照的(失礼!)な風貌とキャリアである。
「六本木の高級クラブの元ナンバーワンだけあって、格闘家の須藤元気、ウンナンの内村光良など人気者とウワサになった。ただ、見た目と違って奥手。08年にTEAM NACSの戸次重幸との交際が報じられたのが最後です。当時の戸次はほぼ無名俳優。女性誌に撮られた時はモザイクをかけられて一般人扱いでした。渋谷で小料理屋を開いている井上の父親も交際に反対。すぐに破局しました」(芸能リポーター)
 芸能界の人間に疲れたところに現れたのが正反対(?)の飯塚監督だったのだろうか。とんとん拍子に結婚が決まったが、「飯塚監督クラスなら年収500万円程度。商業メジャー作品でメガホンを取るようにならないと、生活は安定しないでしょう」(映画関係者)。
 ま、未来の周防監督なら苦労も最初だけか。

渋谷美容室 渋谷で「まこ写真展 凛としてぷっくり」-未公開写真、顔はめパネルも


渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)パート1「ロゴスギャラリー」(TEL 03-3496-1287)で現在、「まこ写真展 凛としてぷっくり2012」が開催されている。(シブヤ経済新聞) 「不思議顔」の猫「まこ」の日常を写真と共につづったブログ「まこという名の不思議顔の猫」。じわじわと人気に火が付き、2007年には同名で書籍化。その後、「まこ便り」「続 まこという名の不思議顔」「まこという名の不思議顔の猫 参」(いずれもマーブルトロン)と続刊が出版され、シリーズ累計25万部を突破している。現在は「しおん」「しろたろ」、昨年4月に加わった「えいた」の四兄弟に。2009年にいったんブログは閉鎖されるも、現在は「ときどきまこ便り」を不定期で更新している。  同所で約1年半ぶりの展覧会となる今回、昨年5月以降に撮影した未公開写真や子猫のころの写真など約60枚、「MAKO LOVES MUSIC」をテーマに、まこと楽器などを組み合わせた創作写真、空想のキャットタワーなど模型も展示。場内入り口には、猫になって4匹と写真を撮影できる顔はめパネルを用意するほか、ブログから抜粋したページを掲出するコーナーも。  壁面に飾る写真は販売も行う(4,200円~2万1,000円)。そのほか、「青森ヒバ」を使い1本ずつまこの焼き印を押す「まこ箸」(1,207円)、丼に入ったまこを刺しゅうした「まこ箸袋」(1,100円、セットで2,300円)や、まこがアコースティックギターをヒヨコたちに奏でている姿をモチーフにした刺しゅうを施すポシェット(2,100円)とブックカバー(1,260円)などのグッズも販売する。  「人間と同じで個性があって面白い」と飼い主で著書の岡優太郎さん。まこは普段「甘えてこないが、帰宅すると一番に出迎えてくれる」。逆にしろたろとえいたは「甘えん坊だが出迎えはしない」。怖がりであまり出てこないしおんだが、「他の3匹から好かれている人気者」だという。岡さんは「見ているだけで和む」と笑顔を見せる。撮影に苦労した写真は「正月に撮影した」という4匹がカメラ目線の一枚とも。  「猫を飼っていない方は飼っている気分に、飼っている方は共通点なども感じながら、笑って和んでいただければ」と来場を呼び掛ける。  開催時間は10時~21時(最終日は17時まで)。入場無料。5月1日まで

渋谷美容室 多和田えみ、舞台「ロミジュリ」出演を経て1年ぶりワンマン

多和田えみのおよそ1年ぶりとなるワンマンライブが、6月30日に東京・渋谷PLEASURE PLEASUREにて開催されることが決定した。 4月29日~6月10日には、佐藤健&石原さとみ主演の舞台「ロミオ&ジュリエット」にシンガーとして出演し、初の演劇公演に挑戦する多和田。ひさびさのワンマンライブでは、新たな体験を経てよりパワーアップしたパフォーマンスが期待できそうだ。 多和田えみオフィシャルサイトでは、今週4月27日18:00よりこのワンマンライブのチケット先行受付がスタート。エントリー期間は5月27日まで

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R