忍者ブログ

渋谷美容室

渋谷美容室

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

渋谷美容室 谷で実録映画「ヴィダル・サスーン」-インタビュー通じ生涯追う

谷・宇田川町のシアター「アップリンクX」(渋谷区宇田川町、TEL 03-6825-5502)で5月26日から、今月9日に逝去したヘアスタイリスト、ヴィダル・サスーンさんのドキュメンタリー「ヴィダル・サスーン」が公開される。(シブヤ経済新聞)
 1928年イギリス生まれ・ユダヤ人のサスーンさん。5歳から11歳までユダヤ教会の孤児院で過ごした。14歳の時に美容師アドルフ・コーエンに弟子入りした後、美容師レイモンドに弟子入りし修業を積む。1954年26歳でボンドストリートにサロンをオープンし、2年後には「大成長」を遂げた。1963年に女優ナンシー・クワンの髪をカットした「世界で初めてのグラデーションボブ」が雑誌「VOUGE」の表紙を飾った。1965年にアメリカ進出を果たし、その後カナダやドイツにもサロンをオープンした。1969年には美容学校を設立、1973年にはヘアケア製品を開発(1983年に売却)するなどしている。現地時間今月9日、米ロサンゼルスの自宅で亡くなった。84歳だった。

 同作では、サスーンさんや「盟友」の英ファッション・デザイナー、マリー・クワントさん、アメリカ版「VOUGE」のグレイス・コディントンさんなど、友人や家族、元スタッフなどのインタビューでサスーンさんの生涯を追う。

 公開に先立ちアップリンクが4月9日に行ったインタビューで、サスーンさんは「東京は僕にとって、世界でもっとも革新的な街。アート・ファッション・建築などをトータルで見て日本のようになれる国はなかなかない。でも日本を打ち負かそうとは思わない。外国人はたくさんの日本人と仕事をして、組織を発展させたいと思う」と話し、さらに「ぜひ劇場に足を運んでください。ひらめきを得られるかもしれませんよ」とメッセージを寄せている。

 上映期間中はトークショーも開催。美容ジャーナリスト五十嵐郁雄さん(6月12日)、ファッションジャーナリスト林央子さん(同13日)を、それぞれゲストに招く。いずれも19時10分の回上映後。

PR

渋谷美容室 ガールズアワード5・26開催、加藤ミリヤ、トリンドルら出演へ

多数のモデルが出演するなど注目集めているイベント「Girls Award 2012 SPRING/SUMMER」が5月26日、国立代々木競技場第一体育館で開催される。今回は「渋谷から、世界へ」がキーワード。シーズンテーマは、音楽とファッションから溢れる「愛」を表現した「All you Need is LOVE」を掲げる。

 ライブパフォーマンスを行なうアーティスト勢には、加藤ミリヤ、三代目J Soul Brothers、E-Girlsらに加え、7月25日にミニアルバム「Nobody For Everybody」で日本デビューを控えている、韓国の人気ガールズグループ、Wonder Girlsの出演が発表され、現在計10組のアーティストの出演が決定している。

 一方、ファッションショーには、神戸蘭子、熊田曜子、芹那、トリンドル玲奈、菜々緒、藤井リナ、舟山久美子(くみっきー)、道端アンジェリカ、南明奈、安田美沙子、木下優樹菜をはじめとする人気モデル100名以上が出演する。また、日本でも人気の韓国ガールズグループ、AFTERSCHOOLからKahi、Juyeon、Jung-A、Nanaもモデルで参加する。(編集担当:武田雄樹)

渋谷美容室 サニー・ランドレス、「最も多彩な色をもちストーリーを語ったアルバム」

エリック・クラプトンが「マイ・ヒーロー」と称えるスライド・ギターの魔術師、サニー・ランドレスが、4年ぶりのニュー・アルバム『エレメンタル・ジャーニー』を5月23日に発売、5月26日、27日には<ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバル>出演のため9年ぶりに来日を果たす。今最も注目すべきギタリスト:サニー・ランドレスの、「ジャンルの壁や既成概念を越えて、極限までクリエイティブになりたかった」と語る『エレメンタル・ジャーニー』への熱い思いを語るインタビューをお届けしよう。 ここには、ニュー・アルバムをより深く楽しむためのヒントや、スーパー・ギタリスト、ジョー・サトリアーニや若きギター・マスター、デレク・トラックスへの想い、来日公演に向けての意気込みなど、貴重な発言が満載だ。 ――『エレメンタル・ジャーニー』は、素晴らしいギター・インストゥルメンタル・アルバムで感動しました。今回、なぜインストゥルメンタルのアルバムを作ろうと思ったのでしょうか。 サニー・ランドレス:ずっとやりたかったことだったし、ここ数年は特にこの想いが強くなったから、『遂に作るときが来た』と感じたんだ。 ――あなたが編み出した「ビハインド・ザ・スライド」奏法は、インストゥルメンタル曲でこそ、もっと活かせるという気持ちはありましたか? サニー・ランドレス:そういった気持ちはなかったよ。なぜならビハインド・ザ・スライド奏法は、もう自分の中の一部分になっているし、自然体で出てくるんだ。この奏法がどんな音楽にも相性良くはまることは、ずっと前からわかっていたよ。 ――歌いたいという気持ちを抑えるのは大変ではなかったですか? サニー・ランドレス:全然!少し変に聞こえるかもしれないけど、一度インストゥルメンタル・アルバムを作ろうと思ったら、頭の中ではフレーズを弾く楽器の音しか聞こえなくなるんだ。 ――アルバム・タイトルの『エレメンタル・ジャーニー』は、どんな意味を持っているのでしょうか。 サニー・ランドレス:様々な想いを込められるように、このタイトルにしたんだ。私は、共に歩んできた多くの音楽、ミュージシャンたち、大自然、宇宙、すべての事柄に感謝の念を持ち、受け入れることで、様々な「経験」が生まれると思っている。すべてはつながっていて、一緒に「旅」をしているんだ。我々は皆、宇宙の一部である。全てはつながっていて、共に旅をしているんだ。 ――ゲストのジョー・サトリアーニとの交流はいつから始まりましたか?彼の2010年のライヴにゲスト出演していましたよね。 サニー・ランドレス:2004年のエリック・クラプトンの<クロスロード・ギター・フェスティバル>で初めて一緒になったんだ。その後すぐにイタリアで再会し、交流が一層深まって、私から「アルバムに参加してほしい」と依頼したんだ。それからずいぶん時間がかかったね。 ――ジョーと今回初めて共演した感想を教えてください。彼とは実際にスタジオで共演したのですか?それとも音源をやり取りして制作したのですか? サニー・ランドレス:まず私はジョーに「ガイア・トライブ」のデモ・ヴァージョンを送ってみて、一緒にやりたいかどうかを打診したんだ。彼が興味を持ってくれたら、デモをもっとちゃんと作りこもうと思ってたんだけど、ジョーに音源を送った4日後に、彼はいきなりギター・ソロの本番テイクを私に送り返してきてくれたよ。私のデモ・ヴァージョンだけをもとに、彼はスタジオに直行して、この素晴らしいトラックをレコーディングしてくれたんだ。逆に、私もこのことでより良い曲に仕上げるインスピレーションが生まれて、新たにストリングスのパートを足したりしたんだ。 ――ジョーとあなたは、ジャンル/サウンド/演奏スタイルなど、かなりタイプの異なるギタリストだと思いますが、ジョーのことをどう思いますか? サニー・ランドレス:彼はとにかく素晴らしいよ、テクニックだけじゃなくてその情熱や思慮深さ、作曲力、プロデュース能力も。彼は「どうやったら素晴らしいギター・アルバムを作れるか」を理解しているし、観客が一生忘れられないライヴ・パフォーマンスをする方法もわかっている。ホントに神がかってるよ。 ――あなたと同じく、現在のスライド・ギター・シーンをリードしているデレク・トラックスについてはどう思いますか。 サニー・ランドレス:デレクは、私が世界で一番好きなスライド・ギタリストだ。彼のギターが歌うフレーズは、メロディー・ライン、ビブラートやイントネーションが素晴らしいんだ。彼は完成されたミュージシャンであるにもかかわらず、いつでも冒険心をもっていて、自らの可能性を拡げようとしている。しかも、すごくイイ奴! ――あなたはエリック・クラプトンからも尊敬されるほどのギタリストです。その凄さを、このアルバムでもっと多くの人に知らしめたいという気持ちはありましたか? サニー・ランドレス:“知らしめたい気持ち”というよりは、“守りに入ってはいけないという強い意志”の方が正確な表現になるかな。自分に正直でいることも心掛けたよ、そうすれば評価は自ずと付いてくると信じているんだ。 ――本作が完成した今、ご自分ではこのアルバムをどのように評価しますか? サニー・ランドレス:これまでのアルバムの中で、最も多彩な色をもった作品であることは確かだし、私がギターでこれほどまでにストーリーを語ったのも初めてのことだよ。 ――ブルース/ロック/カントリーなど、様々なジャンルを最高の形でミックスしたものがあなたの音楽だと思いますが、今作ではそれをさらに進化させることに成功していると思います。あなた自身にも、そういう気持ちはありますか? サニー・ランドレス:成功したと信じたいし、少なくとも私自身はそう思っている。私はこのプロジェクトで、壁という壁を取り払って、作曲、パフォーマンス、レコーディング、全体的な音、すべての要素を発展させたかったんだ。私はこのプロジェクトに一緒に参加してくれた人全員をとても誇りに思っているし、制作過程は実に楽しかったよ。 ――その上でお聞きしたいのですが、今作では地元ルイジアナ・ミュージックからの影響が薄れた気がしますが、それはあえて狙ったことなのでしょうか、それとも自然とそうなったのでしょうか。 サニー・ランドレス:狙っていたわけではないよ。結果的にそうなった。私個人の狙いは、全ての制限や、ジャンルの壁、既成概念を越えて、極限までクリエイティブになることだったんだ。我が故郷ルイジアナの音楽が、素晴らしい乗り物のように私たちを未開の地に連れて行ってくれたことに感謝しているよ。 ――5月の来日公演を日本のファンはとても楽しみにしています。ライヴはインストゥルメンタル・ナンバー中心になるのでしょうか?あなたのヴォーカルを楽しみにしているファンも大勢います。 サニー・ランドレス:私のヴォーカルを楽しみにしてくれている人に感謝するよ!今回の来日公演ではもちろん歌うし、インストゥルメンタルの曲も演奏するよ。曲は魂を持ち、進化する。その瞬間を演奏したいんだ。

渋谷美容室 SPARKS GO GO新作初回限定盤に2011年「JUNC」映像

SPARKS GO GOが6月27日にリリースする新作ミニアルバム「BEAUTIFUL WORLD」の収録内容が発表された。
今作はスパゴーにとって約2年ぶりとなる作品。4月のライブイベント「キューン20 イヤーズ&デイズ」でも披露されたタイトル曲を含む新曲6曲が収められる。

また初回限定盤にはDVDが付属し、タイトル曲のPVのほか、2011年10月にSHIBUYA-AXで開催された「SHIBUYA JUNCTION 2011 “また倶知安じゃないジャン!”」より6曲のライブ映像を収録。たちばな哲也がユニコーンと一緒に演奏した「WAO!」、橘あつやが真心ブラザーズと奏でた「空にまいあがれ」といった、この日ならではのコラボレーションが追体験できる。さらに八熊慎一、奥田民生(ユニコーン)、YO-KING(真心ブラザーズ)、桜井秀俊(真心ブラザーズ)、オカモトショウ(OKAMOTO'S)によるスペシャルユニット・倶知安乃風のステージも楽しめる

渋谷美容室 新生ART-SCHOOL、キューンミュージックに移籍!

ART-SCHOOLのキューンミュージック移籍が発表された。

本日、木下理樹・戸高賢史のふたり体制にベース中尾憲太郎、ドラム藤田勇(MO’SOME TONEBENDER)をサポート・メンバー迎えた新体制としての初ライブを、渋谷クラブクアトロでのフリー・ライブ“DAY OF THE DEAD”で敢行し超満員のファンを熱気の渦に巻き込んだ新生ART-SCHOOL。彼らがキューンミュージックに移籍することが決定した。

現在はニルヴァーナ『イン・ユーテロ』など数々の名盤を生んだスティーヴ・アルビニのスタジオ“Electrical Audio”にて、移籍第一弾にして3年ぶりのフル・アルバムをレコーディング中。このアルバムは今夏リリースされる。

そして6月2、3日にはSHIBUYA-AXにてASIAN KUNG-FU GENERATION、髭、STRAIGHTENER、The Mirraz、さらにはDJとして細美武士が両日参加する新体制のキックオフイベント“ART-SCHOOL presents『KINOSHITA NIGHT 2012』”を開催。この公演のチケットは秒殺で完売している。さらに勢いを増すART-SCHOOLの今後の活動から目が離せない!

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R